ミネラルウォーターとピュアウォーターの違い

ミネラルウォーターとピュアウォーターは何が違うの??

皆さんがよくご存知のミネラルウォーター、実はこのミネラルウォーターの産地によっても水の種類が違ってくるのです。 

川の水

 

ミネラルウォーターの中には日本産のものと海外産のものがあると思いますが、海外産のものは硬度が高く”硬水”といわれるものが多いのに対して、日本で作られている物はほとんどが硬度が低く”軟水”と言われています。

 

この硬度は世界保健機関の基準に従って表す値で、水の中に含まれているカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンの含有量の濃度を表したものです。硬度が60未満のものを”軟水”、60〜120未満のものを”中程度の軟水”、120〜180のものを”硬水”、180以上のものを”非常な硬水”と位置付けています。
日本産の水は平均的に100以下の数値に対し、ヨーロッパなどで生産されているものは硬度300を超えているものもあり、ほとんどが硬水であるといえます。口あたりも軟水はまろやかさがありクセがないのに対して、硬水は味が濃くちょっとくせが残るという違いがあります。

 

そしてこのミネラルウォーターには硬度の違いの他にナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーターというものがあります。

 

ナチュラルウォーターは特定の水源より採水されていて、地下水を原水とし、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の科学的処理をしていないもののことをいいます。ナチュラルミネラルウォーターはナチュラルウォーターのうち、鉱化された地下水を原水としているものです。ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターを原水としていて、品質安定の為にミネラル分を調整したり、色々な水源より採水したナチュラルミネラルウォーターを混合をしている物を言います。ボトルドウォーターとはナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ミネラルウォーター以外のものを指して言います。

 

ここまではミネラルウォーターのいろんな種類をご紹介したのですが、ではこのミネラルウォーターに対しピュアウォーターは何が違うのかと言いますと、ピュアウォーターとはその名のとおり”純水”。水の中に不純物が全くないもののことなのです。

 

ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムなどの成分が水の中に含まれていますが、ピュアウォーターはミネラル成分だけではなく、逆浸透膜システム(ROシステム)という分子レベルの大変細かい膜を使って徹底的に不純物までもを取り除いているのです。ですから、気になる放射能などの化学物質もしっかりと取り除いているのでとっても安全な水であると言えます。このピュアウォーターはRO水とも呼ばれ、水本来の風味を持っていてクセがなく飲みやすいのが特徴です。