水道水に含まれる有害物質とは

水道水は飲み続けると危険?

日々必ず私たち人間が口にしている水。みなさんはどんな水を口にしていらっしゃいますか?皆さんが一番飲んでるとされる水道水。実は、この水道水を飲み続けると体に危険なのです。

 

水道の画像

それはなぜかと言いますと、水道水は各市町村の浄水処理場で水の消毒が行われているのですが、この消毒にカルキが使われていることはご存じですよね。水道水を飲もうとするあのカルキ臭さは、消毒に使っている塩素の臭いなのです。この塩素は、水道水に必ず残留塩素として、塩素の成分が残留しています。これは、法律的にも定められている数値があり、遊離残留塩素濃度として0.1mg/L以上というように決められています。(結合残留塩素濃度の場合は、0.4mg/L以上です)この数値を見ておわかりの通り、塩素濃度が0.1mg以下の数値はないわけです。必ず水道水には0.1mg以上の数値の残留塩素が残っていなければならないのです。ですから、塩素の濃度が全くない水道水は存在しないわけなのです。これだけでも、水道水は化学物質が含まれています。

 

水道水には塩素の他にも、残留塩素が水に含まれていた有機物と反応してしまうと、トリハロメタンという化学物質が発生してしまいます。クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムの4つの物質の総称をトリハロメタンと呼び、トリハロメタンは体内に吸収されると、肝障害や腎障害などを引き起こしやすいと言われ、発がん性物質だとも言われている、大変恐ろしいものなのです。しかもトリハロメタンという物質は、温度が高くなれば高くなるほど増加していく物質なので、沸騰させて使えばトリハロメタンが消えると言われていますが、それは間違いなのです。沸騰する間に水道水の中には、トリハロメタンが増加して3〜4倍以上になっているんです。ですから冷水の水道水よりもはるかにトリハロメタンが増えてしまうのです。ですから、沸騰直後の水道水を使うことは大変危険です。トリハロメタンが大量に含まれた状態になっているのですから。では、水道水はどうすればトリハロメタンを取り除けるの?となりますよね。もし、水道水を煮沸して使うのなら、トリハロメタンが気化して蒸発するまで、沸騰させ続けることなのです。沸騰し始めてから約10分ぐらいで気化し始め、おおよそ40〜50分でほとんどトリハロメタンが消えていきます。しかし、もし50分も水道水を沸騰させ続けてしまったら、水も無くなってしまうので、理論上完全にトリハロメタンを除去することは不可能になるわけです。

 

このようなことから、水道水を日々飲み続けるということはあまりオススメできないのです。そこで、安全な水としてオススメできるのがウォーターサーバーの水というわけなのです。

 

ウォーターサーバーの水は、必ず放射性物質の検査済みでもありますし、ROという膜でろ過されている水でしたら、水に含まれている超微細のダイオキシンなどの化学物質までも完全に取り除いているので、化学物質が含まれている水よりもはるかに安全性が高いのです。ウォーターサーバーの水は各メーカーによって水の質やろ過方法が違います。まずは、各メーカーの特徴を知ることが必要です。

 

ウォーターサーバーで安全で安心な水をご家庭にいかがですか?

 

 

安全な水はこちら