飲料水の違いを比較しました

飲料水の違いとは?

水を飲む女性

現在、日本において飲料水として飲まれている水にはさまざまなものがありますね。水道水や浄水器など各家庭により使用しているものが異なりますが、やはりおいしくて安全なものが良いですよね。 

 

各飲料水の違いについてご紹介しますので参考までにご覧下さい。

飲料水名

メリット

デメリット

水道水 単価的には安価。 水道水には消毒の為にカルキが使われているので、カルキ臭さが特徴である。また、発がん性物質のトリハロメタンや硝酸態窒素などが含まれていることもあり、体への影響が心配される。
浄水器 水道水から残留塩素やトリハロメタンをろ過しているので水道水よりも安全性は高めである。 定期的なカートリッジの交換をしなければならないなど、使用方法を正しく使わないと水道水よりも汚れた水になってしまうこともあるので注意が必要である。また、硝酸態窒素は高額な浄水器でないと除去できないので費用が高くなる。
ペットボトル 輸入されたものや国産の水がコンビニなどで売られているので手軽に購入する事が出来る。 硬水や軟水などさまざまなものがあり、手軽さもあるが、直接口をつけて飲むことから、雑菌の繁殖などの心配がある為、開封後はなるべく早めに飲む事が必要である。また、近年ペットボトルの水から硝酸態窒素が検出されたこともあり、必ずしも安全と言えなくなった。
給水器の水 専用のペットボトルを購入すれば無料で給水できるので手軽。水道水をろ過した水なので残留塩素は少ない。 残留塩素は少ないが、ROろ過されているものではミネラル成分も期待できない。また、発がん性物質のもとになる硝酸態窒素はろ過できる機種が限られているので体への影響が心配される。
ウォーターサーバー 飲料水を蓄えられる機器で、手軽で使いやすい。水の質も天然水やRO水などがあり、ろ過方法や原水に違いはあるが、放射性物質などの検査もしており、安全性が高い。 機器の維持費や電気代などのコストがかかる。水のボトルはおおよそ無料で宅配するところが多いが、使い捨て式の物以外は、使い終わったボトルは、業者が回収するまで置いておく場所が必要になるのでスペース確保の問題がある。